転職ノウハウ | 10月27日

美容業界について知ろう!未経験から始める際のポイント

「美」に関して興味のある方はもちろん、美容業界は女性の憧れの職業とも言えるでしょう。ファッション業界のように、美容業界にも様々な職業があります。今回は、美容業界にフォーカスを当ててご説明していこうと思います。美容業界でお仕事をしてみたいと考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。
美容業界とは
「美容」について考えた時、あなたが一番気にかけていることはなんでしょうか。
ヘア、メイク、ボディメンテナンスなど「美」へのアプローチ方法は様々です。美容業界は、それぞれの専門分野を職業にしていること多く、資格を有する職種もあれば未経験から挑戦できるものもあります。では、美容業界にはどのような職業があるのでしょうか。

■美容師
カットやカラー、パーマなどを通してお客様にあったヘアスタイルを提案するお仕事。プロの美容師になるためには、国家資格を習得しなければなりません。髪に関する知識や技術はもちろん、まつげエクステやネイルなど「美」に関するスキルや知識が必要になります。

■美容部員
カウンセリングを行い、お客様の希望や悩みに適した化粧品を販売したりメイクをする仕事。質の高いカウンセリング能力やメイクアップ技術を身につける必要があります。未経験でも専門的な知識は教えてもらえるので十分に活躍出来ます。

■エステティシャン
お客様の肌や体型の美しさをサポートし、全身をトータル的にケアする仕事です。主な業務内容は、フェイシャルエステ、ボディケア、リフレクソロジー、脱毛などがあります。エステティシャンには美に関する幅広い知識はもちろんのこと、施術スキルを求められます。教育体制がしっかりしている企業も多く、未経験からでもスタートが可能です。

■ネイリスト
お客様の手先のケアを行い、爪にアートを描いたりお客様に似合うカラーをご提案する仕事。施術時間は1時間~2時間程度になることもある為、お客様とのコミュニケーション能力や細部での技術やスキルが大切です。

■アイリスト
まつげケアを中心に道具や薬剤を使いながらお客様のまつげをキレイにする仕事。主な業務内容は「まつげエクステ」「まつげカール」「まつげパーマ」などがあります。この仕事には国家資格である「美容師免許」が必要です。
未経験からの美容業界
国家資格がなければ活躍出来ないと思われがちな美容業界ですが、未経験からでも始められる職種もあります。
「エステティシャン」や「美容部員」は充実した研修制度を用意している企業が多く、美容について学びながらスキルアップすることが出来るので、おすすめです!学校に通っていなくても、「お客様をキレイにしたい」「美について学びたい」という向上心があれば挑戦できる職業になります。また、未経験の場合は職種に関わる資格を取得しておくと、応募先の企業へのアピールポイントでもあり、自信を持ってお客様と向き合う事が出来ます。

美容業界で活躍するための資格‥♥
・ネイリスト技能検定試験
・ネイルスペシャリスト技能検定試験
・JNAジェルネイル技能検定
・日本化粧品検定
・認定エステティシャン
・美容薬学検定
・アロマテラピー検定
・JMA日本メイクアップ技術検定
・メイクアップアドバイザー検定試験
・スキンケアマイスター/コスメマイスター


などがあります。気になった職業があれば通信教育などを使って勉強してみるのも良いでしょう。
志望動機のポイント
面接をする際に必ず聞かれる志望動機。志望動機がしっかり伝わると面接官に印象が残るでしょう。では、美容業界を志望する上でどんなポイントがあるのでしょうか。重要なポイントをしっかり押さえておきましょう!

1、どうして美容業界を選んだのか
どの職業で活躍する際も、どうしてその業界に興味を持ったのか、仕事にしたいと思ったのかは重要なポイントになってきます。様々ある業界の中でなぜ「美容」を選んだのかを伝える必要があります。過去の経験や将来の目標、美容業界を通して感じることを伝えてみると良いでしょう。

2、なぜそのお店(サロン)で働きたいのか
数多く店舗がある中で、どうしてそのお店(サロン)で働きたいと思ったのかを伝えます。お客様としてサロンに通っていた時のエピソードやお店の雰囲気を織り交ぜながら話すとより伝わりやすいです。

2、今後の自分の目標
美容業界に関して共通して言えることは「お客様をキレイにするお仕事」ということです。しかし、「美」へのアプローチ方法が違うので、その専門的な知識やスキルを学んで、今後どうなっていきたいかを話せると良いでしょう。一人でも多くのお客様を美しくするには、自分のスキルアップや自分自身の「美」についても考えなくてはいけません。


転職先選びのポイント
では、様々なお店(サロン)がある中で、自分に合う企業を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

1、応募前にお店(サロン)のリサーチをする
応募前にお店でカウンセリングを受けたり、施術を受けるなど、お店の雰囲気や接客などを見ておくと良いです。また、インターネットなどを利用してお店の情報を入手しておくことで、働いた際にイメージとのギャップを感じにくくなるでしょう。

2、自己分析を行う
転職をする際は、自己分析を行うと今持っているスキルやどの分野に興味・関心があるのかが明確になります。また、美容業界は人をキレイにするお仕事です。その為、常にお客様とコミュニケーションを取り、心地の良いサービスを提供する必要があります。自分がどんな時に仕事にやりがいを感じ、楽しく思うのか今一度振り返ってみてください。その時「人を笑顔にしたい」「お客様をキレイにしたい」という気持ちや「もっと美について学びたい」「スキルを極めたい」と思う方は美容業界に向いているでしょう。また、自分の気持ちと企業の経営理念を照らし合わせて、方向性が同じかを確認しておくことも必要です。


いかがでしたか。美容業界といっても様々な専門分野があります。お客様をキレイにするお仕事は、自分も「美」の最先端にいなくてはいけないので、時には厳しく大変なこともあります。しかし、手に職をつけることができるので、長い間やりがいを持って働ける業種でもあるでしょう。さらに、美容業界は女性が多く活躍している職場のため、福利厚生が充実していることが多いです。そういった制度も活用しながら、あなたらしく働いてくださいね!


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする