転職ノウハウ | 10月26日

第二新卒とは?いつまでが対象?第二新卒の転職活動のポイント

アパレル・美容業界の求人でもよく見かける「第二新卒」。誰のことを指すのか、いつまでが対象なのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな方に「第二新卒」とは何か、第二新卒の転職活動のポイントについて解説します。

【目次】
■第二新卒とは
■第二新卒は何歳までが対象?
■企業側が第二新卒に感じるメリット
【1】フレッシュさとやる気
【2】最低限のビジネスマナー・接客力
【3】仕事へのミスマッチ
■企業側が第二新卒に感じるデメリット
【1】1社目での在籍期間の短さ
【2】スキルの少なさ
■第二新卒の転職活動のポイント
【Point 1】やる気をアピール
【Point 2】経験をどのように活かすかをアピール
【Point 3】1社目の退職理由はポジティブに
■第二新卒とは
実は「第二新卒」という言葉には、明確な基準はありません。ただ、一般的に高校・専門学校・短大・大学卒業と同時に就職をした後、入社3年以内に転職活動をする人たちのことを「第二新卒」と呼びます。学生の時に抱いていた仕事内容や働き方にミスマッチを感じたり、別の目標が出来た際に転職活動をする人が多いです。

■第二新卒は何歳までが対象?
第二新卒は、年齢での基準も明確なものはありませんが、「高校・専門学校・短大・大学卒業後3年以内」が目安となるため、大体18歳〜26歳くらいまでの人を指します。
■企業側が第二新卒に感じるメリット

【1】フレッシュさとやる気
第二新卒は、新卒と同様でフレッシュさとやる気があると見られます。また、仕事に対して先入観なども少ないので、自社の社風などにも馴染みやすいと感じられるようです。

【2】最低限のビジネスマナー・接客力
新卒の場合は、1からビジネスマナーや接客を教えていく必要があります。しかし、第二新卒の場合は、既に最低限のビジネスマナーや接客を学んでいる場合がほとんど。お客様への言葉遣い、商品の取扱い方などの基本的な部分が身に付いているので、すぐに活躍できる可能性が高いことがメリットと感じられます。

【3】仕事へのミスマッチ
第二新卒は、1社目で社会人を経験したことで、仕事を選ぶ際により明確な目的を持っている場合が多いです。実際、新卒よりも第二新卒の方が、離職率が低いと言われています。企業側は、せっかく採用した人がすぐに辞めてしまうのは、出来るだけ避けたいのが本音。仕事を自発的に探し、明確な目標を持っている第二新卒は、仕事へのミスマッチ度が低く、すぐには離職をしないと考えられています。

■企業側が第二新卒に感じるデメリット

【1】1社目での在籍期間の短さ
1社目の経験が極端に短い場合や、転職理由が曖昧な場合、またすぐに辞めてしまうのでは?と不安に思われる可能性があります。

【2】スキルの少なさ
社会人経験の短い第二新卒は、スキルに期待できない部分がデメリットと捉えられる可能性があります。しかし、それを踏まえて採用をしているので、心配しなくて良いでしょう。
■第二新卒の転職活動のポイント

【Point 1】やる気をアピール
経験が少ない第二新卒にとって、1番アピールしておきたいのがやる気です。第二新卒を採用しようとしている企業は、フレッシュでやる気のある人を採用したいと考えています。書類選考から、やる気があるかないかは見極められます。空欄の箇所が多いと、やる気がないと思われる可能性があるので、できるだけ履歴書や職務経歴書を埋めるようにしましょう。
また、志望動機は一番やる気が伝わる部分。悔いのないように記載し、面接に進んだ際もやる気をアピールしましょう。

【Point 2】経験をどのように活かすかをアピール
仕事のスキルがまだ少ない第二新卒の場合、経験や自己PRに何を書くか悩ましいとこと。無理に取り繕わず、1社目で経験して上手くいかなかったことをどのように乗り越えたかなど、小さなことでも良いので記載しましょう。学生時代の経験などをアピールしても問題ありません。その経験をどのように応募企業で活かしていくか、前向きな姿勢をアピールしましょう。

【Point 3】1社目の退職理由はポジティブに
必ず聞かれる退職理由。企業側は自社でもすぐに辞めてしまう可能性があるかを判断するために質問します。
その際は、ネガティブな理由や悪口はNG。できるだけポジティブな内容を伝えましょう。例えば、仕事内容が自分に合わなかった場合、「事務職に就き、ビジネスマナーなどを習得することはできましたが、黙々と作業をするよりも人とコミュニケーションを取れる仕事が自分には向いていると感じ転職を決意しました。」など。
会社のせいで退職したなどではなく、自分の現状を踏まえて改善するために転職したなど、前向きな内容が良いでしょう。


いかがでしたでしょうか。
今回は、第二新卒について解説しました。1社目を短期間で辞めてしまった第二新卒は自信をなくしている人も多いです。しかし、実は第二新卒は企業にとってはとても魅力的な存在。今回ご紹介したポイントを踏まえて、自信を持って前向きに転職活動を進めてみてください。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする