転職ノウハウ | 11月15日

【例文あり】アパレルのアルバイト・パートに受かるには!?志望動機と自己PRの書き方

履歴書を書く時に迷う項目「志望動機」と「自己PR」。応募するブランドへの憧れや好きという気持ちはもちろん、アルバイト・パートの場合は「家から近い」「シフト」などの条件も志望動機となるはずです。しかし、あなたの希望を書くだけではあなたの働きたい気持ちは伝わりません。採用担当者に響く内容にするにはどうしたらいいのでしょうか?

志望動機・自己PRの文字数は?
目安は200〜300文字程度1行30文字×10行程度で改行を含めた文字数と認識しておきましょう。
またアルバイトの履歴書は志望動機と自己PRを同じ欄に書くのが一般的です。限られた文字数の中であなたの希望とPRを記載する必要があります。少なすぎる場合も受け取る側は熱意を感じられませんが、小さな文字でぎっしりと書いても読み手への配慮が欠けていると判断されてしまいます。

どんな内容を書けばいいの?
説得力のある内容に仕上げるため、記載したい内容は大きく分けて2つあります。

1、志望した理由を明確に
なぜアパレルで働きたいのか、さらに応募したブランドで働きたい理由が明確になると印象がアップします。

【ポイント1】応募先の企業やブランドについて知る
企業やブランドのホームページやSNSをチェックすることで新商品の情報やコーディネート例などを見ることができ、よりブランドの世界観を知ることができます。
さらに、実際にその店舗へ来店するのもブランドを知る方法です。店舗の雰囲気や接客を受けた体験、感じたことを交えると志望動機をさらに考えやすくなります。

【ポイント2】具体的なエピソードを付け加える
「アパレルの販売員になりたい」だけならば、どのブランドの仕事でもできることです。
たとえば「店員の接客で印象に残っていること」や「アパレル店員(販売員)になりたいと思ったできごと」などのエピソードを簡潔にまとめると、そのブランドで働きたいという説得力が増します。

【ポイント3】ファッションやアパレル業界への興味
「SNSに自分のコーディネートをアップしている」「トレンドを学ぶためレディース・メンズ両方の雑誌に目を通している」など、
あなたがオシャレのために行っている具体的な取り組みもアピールできるポイントとなります。
さらに勉強した内容をふまえて、このブランドを選んだとつなげるとさらに志望動機としての魅力がアップします。

2、自分を採用するメリット
次に自分を採用するメリットは何なのかをアピールします。ブランドにとって自分がどんな貢献が出来るのかを書きましょう。

【ポイント1】希望はPRにつなげる
例えば「家が近いから」では自分の都合になってしまいますが、「家が近いから急なシフト対応がしやすい」「続けやすいので長く働ける」という理由であればブランド側のメリットになります。あなたの希望だけでなく相手側にもメリットになるよう書き方を工夫しましょう。

【ポイント2】経験や特技などをしっかり書く
アパレル販売が未経験だったとしても、過去のアルバイトや特技から自己PRをすることは充分可能です。
特にアパレル業界では「コミュニケーション能力」「提案力」「体力」が重視される仕事です。いずれかにアプローチできる経験は有力なアピールポイントとなります。

【ポイント3】将来の目標を書く
将来の目標を書くこともアピール方法のひとつです。「卒業後にアパレル業界を目指している」「将来は貴社ブランドで商品企画に携わりたい」といったことで、あなたの熱意を伝えることができます。
志望動機・自己PR例文

未経験の場合

アパレル業界への興味×将来の目標
私は卒業後にアパレル業界への就職を目指しています。その前に現場を知りたいと思い貴店でのアルバイトを志望しました。
SNSや雑誌でファッションの勉強をしている中で貴社のアイテム数の豊富さや多彩なコーディネートに強く魅力を感じ、今ではファンとして来店させていただいています。アパレル販売の経験ははじめてですが、貴社のコンセプトやコーディネート、接客力を今以上に学びながらお客さまに大好きなブランドの素晴らしさを伝えられる販売員になれるよう努力します。

他業種の経験をアピール
かねてから貴社の服が好きで、機会があったら働きたいと考えていたところアルバイトの求人を見つけ志望しました。
アパレル販売の経験はありませんが、現在は居酒屋でホールスタッフを担当しています。常に笑顔で接客することと、お客様との会話を楽しむことを心がけながら働いています。最近は常連のお客様にお名前を覚えてもらえるほどになりました。この経験はアパレル販売員としても活かせると思います。自分のコミュニケーション力を発揮して貴社ブランドの魅力を伝えられるようにがんばります。

具体的なエピソード×家から近い
貴社のブランドで接客をしていただいたことでファンになりここで働きたいと強く思うようになりました。
当時ファッションに疎かった私に予算や好みを丁寧に聞いてコーディネートを提案していただいたことが強く印象に残っています。私もお客様に寄り添う親身な接客でブランドの良さを伝えられる販売員になれるように頑張ります。
学校帰りや休日にしっかり働きたいと考え、家から近いこちらのショップを志望しました。授業が早く終わる火木、もしくは土日は勤務の調整がしやすいので状況に応じて対応できると考えています。


経験者の場合

具体的なエピソード×シフト希望
志望動機は貴社のスタッフの方から職場の話を聞いたことです。どのショップも社員とパートの壁がなく、パートの自分も生き生きと働けるとおっしゃっていました。ぜひ自分もその一員として働きたいと思い応募させていただきました。
また家庭との両立のため土日祝はのため時間が取れないことが多く平日中心で働かせていただけることも大変魅力に感じております。以前アパレルショップで勤務をしておりましたので業務全般の経験があります。当時培った自分の能力で平日が中心の商品管理などもすぐに対応できると考えています。

企業の取り組み×自身の経験
貴社のサステナブルファッションへの取り組みにとても魅力的に感じ、ぜひ働いてみたいと思い志望しました。
私も環境保全ボランティアとして定期的に清掃活動やビーチクリーンに参加しています。サステナブルファッションへの興味関心はもちろん、ボランティアで培った体力にも自信があります。また、以前こども服の店舗でアルバイトをしていました。取扱い商品は違いますが接客や商品管理の経験もございます。この経験を活かしながら貴社ブランドの一員としてお役に立ちたいと考えております。

正社員を目指したい
志望理由は、貴社のもつ雰囲気に兼ねてより魅力を感じているブランドのファンということです。
長く働きたいと考えていましたが、募集要項に正社員登用のチャンスがあると記載されていたことが決め手となりました。
貴店で正社員を目指しながら成長し、ブランドの魅力をお客様へ存分に伝えられるような販売員になりたいと思っていますます。
過去にもアパレルショップでアルバイトをしておりましたので、商品の取り扱いや接客は一通り経験しています。正社員登用の際は販売だけでなくマネジメントなどキャリアアップにも積極的にチャレンジしたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
まとめ
志望動機・自己PR欄は、応募先にあなたの熱意を伝える大切な項目です。慣れないうちはまとめることが難しいかもしれませんがポイントを抑えればあなたの想いがこもった文章が書けるでしょう。さらに志望動機や自己PRを事前にしっかりまとめることで、面接時の質問にも自信をもって答えることもできます。採用担当者が「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるようなあなたらしい文章で、ぜひ憧れの「ショップスタッフ」を目指してください!


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする