転職ノウハウ | 1月7日

お客様との信頼関係UP!接客や商品知識の身に付け方のコツをご紹介!

皆さんは商品を販売する際に必要な接客方法や知識をどのように身につけていますか。知識を深める方法が分からないと、なかなかスキルアップは出来ません。今回は接客に大切な接客方法や知識の身に付け方のコツをご紹介します!
接客方法はどうやって学ぶ?

1、先輩の接客方法を真似る
2、チームでロープレをする
3、他ブランドに行って接客スキルを勉強する
4、接客関係の本やネットを読む

1、先輩の接客方法を真似る
一緒に働いている先輩スタッフが接客の時によく使っているフレーズや商品説明を、何気なく近くで聞いて真似てみましょう。
接客の数をこなしている先輩スタッフは接客の見本になりますし、たくさんの引き出しを持っています。ぜひ、参考にしたいですよね!

2、チームでロープレをする
ロープレをすることにより、スタッフ一人ひとりの具体的な課題を見つける事が出来ます。実演することで普段のコミュニケーションでは使わない言葉や言い回しを身に付けられます。

3、他ブランドに行って接客を受ける
自分が働いているブランドだけでなく様々なブランドに行き、他のブランドがどんな接客をしているか勉強してみるのも良いです。企業により、接客方法やマニュアルは様々。会話の引き出し方や接客トーク術を身に付けたい方にオススメの方法です♡

4、接客関係の本やネットを読む
接客についての本はたくさん出ており、分かりやすい内容でまとまっていることが多いです。話し方やトーク術などのビジネス本や気になった時にサクッと検索出来るネット記事を読んでみるのも◎
なかなか覚えられない商品知識

商品知識を覚えるとお客様に合わせて商品の提案をすることが出来ます。色や形、手入れのしやすさや値段など、お客様が商品を選ぶ基準は様々。お客様の要望に合わせて提案できる商品数が多いと、それだけ購入に繋がるケースも増えて売上アップ間違いなしです。

・専門用語ではなく、メリットを伝える練習をする
専門用語を覚えるとなると、一苦労です。販売員として覚えておきたい専門用語はあるものの、お客様に専門用語ばかり使ってお話しをするわけにもいきません。商品の良いところに注目し、うまくメリットを伝える練習も大切です。

・どんな悩みを解消してくれる商品なのかを覚える
お悩みや希望に合った商品を、お客様は迷わずゲットしたくなるものです。ニットでも、保温性に優れているものや洗濯機で洗えるものなどがあります。商品の特長を覚えていれば、お客様の悩みに応じてアイテムを提案することが出来ますよ。

・新商品や先輩が教えてくれた知識はメモを取る
先輩スタッフが商品説明をしてくれている時に、聞き流していることはありませんか。商品説明を全て覚えきれなくても、キーワードをしっかり掴むことが大切です。そして、商品説明を受けたら接客トークに加えて実践してみましょう。こういった事を繰り返すことで、自然と商品知識が身につきます。

いかがでしたか。幅広い知識を身に付けることで、ただの商品説明ではなく感受性も豊かになります。また、自然と接客にも自信を持てるようにも。さらに商品知識や接客スキルの向上は、お客様との信頼関係にも繋がります!お客様との信頼関係をしっかり築いて自分のファンをたくさん作ってくださいね!


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする