ニュース | 2月10日

アパレル業界の感染予防対策はどうしてる?

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発出されましたが、一部エリアでは3月まで延期に…。以前とは違い、休業になっているテナントはほとんどなく、商業施設は通常営業や時短営業をしており客足も少しずつ戻ってきています。

アパレル業界も徐々に採用への動きも増えつつありますが、お客様と触れ合う機会が多い職種でもあるので感染に不安を感じ、アパレルや販売などの転職活動に迷いを感じている方もいるのではないでしょうか。
今回は、アパレル業界への転職に不安を感じている方に店舗や企業、テナントがどのような『感染対策』をしているのかをご紹介します!
ぜひ参考にしていただければと思います。
▼ 店舗の感染対策
2月はとくに閑散期と言われており、比較的に時間に余裕がある(閑散期)をどう乗り切るかが需要です。しかし、現在は、閑散期こそ「お客様にとっては安心してお買い物出来る時間」へと変わっています。また、スタッフにとっても安心して販売活動を行える時期でもあるでしょう。店舗では様々な対策を取り入れてお客様が安心して買い物が出来るように努めています。

<お客様が安心して買い物出来るように店舗がしている取り組み>
・マスク、手洗いの徹底
・ソーシャルディスタンスの確保
・セールスイベントの自粛
・採寸メジャーの消毒
・飛沫感染防止シールドの設置
・重機やフィッテイングルーム、ペンやトレーの消毒
・試着の際のフェイスカバーの徹底(直接肌に触れないようにするため)
・店内に消毒を置く



▼ 企業の感染対策
お客様が安心して買い物できることはもちろんですが、従業員の安全と安心も重要です。幸い、商品自体は、全て個包装で納品されているため感染リスクは低く、安全性は高いと言われています。
多くの人と接するお仕事のため、従業員への徹底された企業のサポートが大切になってきます。

<従業員が安心して働けるように企業がしている取り組み>
・店舗勤務者にマスクの配布
・消毒のマニュアルを随時アップデート
・接客や試着などはソーシャルディスタンスを確保しつつ、ルールを設定し対応するようにスタッフに周知する
・手当の支給

▼ テナント感染対策
テナント側でも様々な取り組みをし、従業員とお客様の感染防止に努めています。

<従業員とお客様が安心できる環境を作るためにテナントがしている取り組み>
・入口と出口を分ける
・非接触タイプの体温計の設置
・アルコールやフェイスシールドの徹底
・感染対策POP等を掲載してお客様に分かりやすく感染予防を促す



▼ 最後に
このように企業や店舗、テナントの様々な対策により従業員も安心して働くことの出来る環境を用意している企業がほとんどです。企業によって、細かな対策は異なるので、気になる場合は、面接時に感染対策について聞いてみると良いでしょう。しかし、このような対策は絶対に感染を防止するものではないため、各自での徹底した感染対策も必要になってくることを忘れずに!

いかがでしたか。アパレル企業が行っている感染対策について知ることで、転職活動に迷いを感じていた方に安心して挑戦をするきっかけをお届け出来たら幸いです。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする