ニュース | 20年12月14日

販売員必見!立ち仕事をしていても疲れない方法とは

アパレル販売員に限らず、販売員は立ち仕事が基本。ヒールで何時間も立っていたり、同じ場所に長時間いると、足が痛くなりますよね。立ち仕事は体力的にきついと思いがちですが、だいたいは足のむくみや痛さによって疲労感がとれないことが原因でしょう。さらに、そういった足の疲れやむくみは、一度なってしまうとなかなか長引くもの…。今回はそんな立ち仕事をしている方のお悩み、「足」のケアについてご説明します。

足のむくみや痛みの原因は?
むくみの原因は、同じ姿勢を続けることで、足の水分を含む血液やリンパ液などの循環が悪くなり、細胞の隙間などに水分が停滞することにより起こります。さらに、疲れが溜まったときや水分不足の時も起こりやすいです。また、女性は筋肉量が男性よりも少ないため、男性よりむくみやすいと言われています。むくみが起きると毎日だるさが抜けず、疲労感が残ります。足が痛いとモチベーションの低下や仕事に支障をきたすこともあるので、一刻も早く解消したいですよね。次は、その解消法についてご紹介します。
「むくみ」や「痛み」の解消方法

■お風呂に浸かる
入浴をシャワーだけで済ませてはいませんか。お風呂にゆっくり浸かるだけで血行が良くなり、足の疲れが取れるのでオススメです。お湯の温度は、38~40度くらいのやや温めの温度で10分~30分浸かるのが良いと言われています。音楽をかけたり、本を読んだり、お気に入りの入浴剤を使ってバスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■マッサージをする
足のむくみを撃退するためには、毎日欠かさずマッサージを怠らないようにしてください。入浴後は血行が良くなっているので、マッサージに最適なタイミングです。お気に入りのボディクリームを使ってマッサージしてみてください!特に今の時期は気になる乾燥も防ぐことができ、一石二鳥です。足の指の間から膝の裏までしっかりほぐしてくださいね。

■ストレッチをする
休憩時間などの空き時間を利用して、こまめにストレッチをする方は多いのではないでしょうか。ストレッチをすると足の筋肉が伸びるので、気持ちよくリフレッシュにもなります。階段を活用してふくらはぎの後ろの部分を伸ばしたり、足首を回すなどカンタンに出来るストレッチ方法はたくさんあります。最近は動画などでも分かりやすくストレッチ法を紹介しているので、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

■水分を取る
むくみの原因は水分だからと言って水分を取るのを控えたりしていませんか。「水分不足」がむくみの原因であることも考えられます。また、水分をとることで体の循環が良くなります。冷えた飲み物は体を冷やすので、温かい飲み物を取り入れてみましょう。身体もポカポカになり、リラックス効果も期待できます。

■着圧ソックスを活用する
着圧ソックスは、ふくらはぎの筋肉のサポートや血液の流れのサポートをしてくれます。遅番で帰ってきてすぐに就寝したい時などに、さっと履いて寝ると次の日に足が楽になっています。就寝用やヒップまでのものから、ふくらはぎまでのものなど、様々なソックスが販売されています。自分の使いやすいタイプのものを選んでみてくださいね。

■靴・インソールを工夫する
自分の足にあっていないシューズは痛みやむくみの原因になります。靴を買う時はデザインだけではなく、自分の足に合ったものを選ぶようにしましょう。クッション性のあるシューズは足が痛くなりにくく疲れにくいのでオススメです。また、少し手間ですが、通勤時はスニーカーやフラットシューズなどを利用して、出勤時はヒール、作業をする際はシューズを変えるのも一つの方法です。自社ブランドの商品を履かなくてはならない時は、インソールをいれるだけで足の疲労感やフィット感が変わります。ぜひ、試してみてください。
最後に
立ち仕事が辛いというのは販売員のあるあるではないでしょうか。8時間立ちっぱなしだと、当然足がむくんだり疲れたりします。足が痛いと、仕事に影響したりモチベーションの低下に繋がります。立ち仕事は慣れればそこまで気にならなくなりますが、日々のケアで足の痛みやむくみの対策はしっかりととっておくべきです。また、むくみを放置しておくと、病気やトラブルを起こしかねません。自分で行える対策やケアをして、辛い足のむくみや痛みとおさらばしましょう。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする