転職ノウハウ | 10月16日

アパレル業界での男性のキャリアアップとは

華やかで女性が多く活躍しているイメージがあるアパレル業界ですが、もちろん男性従業員も活躍しています。アパレル業界に興味のある男性は、将来性について不安に思う方もいるのではないでしょうか。今回は、メンズアパレル業界についてご紹介していきます。アパレル業界を目指している男性の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
メンズのアパレル業界
好きなショップの求人が募集されていない‥なんてこともあるのではないでしょうか。メンズ単体のショップはレディース店舗に比べて少ないため、求人数も少ないです。その為、女性に比べて男性は経験がある方が重宝されることが多いです。また、せっかく販売員デビューが出来ても、「将来的に働けるのだろうか」と不安になるかもしれません。しかし、アパレル業界は販売だけではありません。年齢に応じたキャリアアップができれば、定年まで働く事が可能です。

キャリアアッププラン
では、どのようなキャリアアッププランがあるのでしょうか。いくつか例をご紹介していきます。

1、様々な顧客層をターゲットにした複数のブランドを持つ企業を選ぶ
多くのアパレル企業は、複数のブランドを構えています。様々な年齢層の顧客様をターゲットとしたブランドがグループ内にあれば、年齢に応じてブランドを変えていく事ができます。ターゲットの年齢層が上がるにつれて、価格帯も高額になることが多いです。経験を積んでいるスタッフの方が適任のため、異動の希望も通りやすいでしょう。

2、販売員ではない職種を目指す
販売員で経験を積み、販売員以外の本社業務に異動するケースもあります。では、本社勤務はどのようなものがあるのでしょうか。そちらも合わせてご紹介していきます。

■MD(マーチャンダイザー):商品の企画から販売までを取り仕切る重要なポジション
■VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング):内装やレイアウトなどをプランニングし、商品を魅力的に見せる売り場作りを行う仕事。
■プレス(広報担当):様々な媒体を通しブランドの商品や店舗のPRをして、多くの人に知ってもらう仕事。
■バイヤー:商品の買い付けをメインに行う仕事。
■営業:メーカーなどに勤務し、自社の標品を百貨店やアパレルショップなどへ営業販売をする仕事。
■生産管理:デザインが決定した商品の生産する量や素材、価格、納期などの工程をまとめて管理する仕事。

3、年代に合わせた別のアパレルブランドに転職する
複数のブランドを持たない企業の場合は、年齢に応じたブランドに転職を検討してみましょう。また、取り扱う商材を変えてみてもいいかもしれません。靴や、時計、宝飾ブランドや海外ブランドなど、アパレル業界と一口に言っても様々な商品や視点があります。経験を重ねるごとに興味をもつ分野が変わることもあるので、検討してみるとキャリアアップの道が更に開けるかもしれませんよ!

4、コーディネーターやバイヤーとして独立する
「独立したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。販売スタッフとして働きながら、コーディネーターやバイヤーとしての知識を身につけ、専門分野でのキャリアアップもひとつの方法です。接客スキルだけでなく経理についても学び、努力次第では、セレクトショップや自分のブランドをオープンすることも夢ではありません。

5、レディースブランドで活躍する男性も!
メンズブランドで女性スタッフが活躍しているように、レディースブランドの中でも男性スタッフが活躍していることも少なくありません。メンズ商材を扱う店舗やメンズライクなファッションを打ち出しているレディースブランドでは、男性スタッフを募集している企業もあります。また、レディースブランドの中には、男性を中心に本部で活躍しているケースもあります。
アパレル業界でキャリアアップするためには、性別問わずファッションに対する知識が必要です。男性と女性では、トレンドや接客の仕方も異なります。メンズブランドでは習得できないアイテムの知識や接客、売り場などを学ぶ事ができます。
キャリアアップを目指すポイント
年齢を重ねるだけではキャリアップはできません。将来を見据えて確実にキャリアアップするためには、少しずつ準備する必要があります。次は、キャリアアップするために押さえておきたいポイントをご説明します。

【接客スキルを高める】
女性や男性だけでなく、様々な分野に対応できる接客力を身に付けておくべきです。店頭で即戦力になれる人材は、当たり前ですが重宝されます。冠婚葬祭などのフォーマルな常識や知識も身に付けておくと、説得力のあるアドバイスを出来る様になります。商品知識以外にも、アパレル関連の専門的な知識を身に付け、年齢に応じた職場で働けるように準備しておきましょう。

【アパレル関連の専門知識を身に付ける】
販売で長く働くことを希望している人は、専門性をアピールできる資格を習得することもおすすめです。専門性的な知識が豊富な人ほど男性販売員は活躍できます。様々な資格があるので、プロフェッショナルを目指してみるのも良いですね。資格の例をご紹介します。
□ファッション能力検定
ファッションをビジネスと結びつけて考えられる人材育成のため、ファッション、マーケティング戦略、会計等の全体的な技能・知識を問う検定資格です。
□ウォッチコーディネーター
販売に関する豊富な専門知識を備え、適切な接客対応で時計を提案することのできる時計販売のプロフェッショナルのこと。
□シューフィッター
足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、お客様の足に正しくあった靴を提案するシューフィッテイングの専門家のこと。


いかがでしたか。未経験でも入社後にキャリア形成はしやすいです。未経験でいきなり専門分野や販売以外の業種に就くことは難しいですが、経験や知識を身に付けておけば、年齢を重ねた後にもキャリアアップしやすくなります。男性が、もっとアパレル業界で活躍できる機会が増えるといいですね!


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする