転職ノウハウ | 2月10日

アパレル業界の人事の仕事内容とは?未経験から転職は可能?

アパレル業界の人事はどんな仕事をしているかご存知でしょうか。面接などの対応以外にも人員の配属先の決定など様々な業務があります。アパレル企業で活躍中の人事の方の中には、販売スタッフなどの現場経験者が多く活躍しています。今回は、人事の仕事内容や人事になる方法、求められるスキルをご紹介します。

【目次】
■アパレル業界の人事とは
■人事の仕事内容
■人事になる方法
■人事に求められるスキル
■アパレル業界の人事とは
アパレル業界の人事とは、会社を支える「人」の採用を担う採用業務・人事計画、人材育成などを行う仕事です。
アパレル店舗・本社で必要とされる人員の確保や配属先の決定、社員の人材育成を担当します。担当する業務は、企業によって異なりますが、規模が大きい企業ほど、担当業務を分けているケースが多いようです。逆に規模が小さい企業であれば、他の業務との兼任や人事関連業務を全て行う場合もあります。
■人事の仕事内容
企業よって業務範囲は異なりますが、代表的な人事関連業務は下記です。
人事は販売スタッフから本社の営業・デザイナーなど様々な職種の採用活動を行います。

【1】採用活動
採用活動には2つのパターンがあります。

1つ目が、新卒採用。
新卒採用では採用する時期が決まっている為、年間計画を立てた上で実行していきます。具体的には、採用計画に基づいた求人活動(求人サイトの選定や求人作成)、会社説明会や就職フェアの手配から実施、書類選考・面接・採用/不採用の判断、内定通知や内定後のフォローなどを行います。

2つ目が、中途採用やアルバイトの採用。
人員不足や新規店舗オープン、事業拡大の際に随時行うのが中途採用やアルバイトの採用です。

特にアパレル店舗の人員不足は、店舗の売り上げを左右する可能性のある重要な問題です。その為、店長やエリアマネージャーから人員不足が発生すると連絡を受けると迅速に採用活動をスタートします。店舗で必要とされるポジションをヒアリングし、求人サイトの選定・求人作成を行い人員を募集します。その後、応募者の書類選考・面接・採用/不採用の判断などを店長やエリアマネージャーと連携しながら進めていきます。
新店舗オープンの際には、たくさんのスタッフを募集し採用しなければならない為、採用活動が忙しくなります。

※企業によっては、人事が面接実施などを含めた全ての採用活動を行う場合があります。その場合、全国各地に出張し面接の対応を行います。現在はオンライ面接が増えてきているので、人事の採用活動に変化が生まれているようです。

【2】 人材育成
社員の教育も人事担当者の大切な業務です。入社した新人スタッフに対して、企業やブランド理念や社会人の基本マナー、アパレル業界の基本知識などについて研修を行います。また、入社年数やスキルによって、スキルアップのための研修を企画・実施することもあります。

【3】人事計画
販売スタッフから店長、店長からエリアマネジャーなど、アパレル企業ではポジション・店舗・部署を変えることで、人材と店舗・企業の成長を図ります。
また、人事評価制度の業務を担当することもあります。優秀な人材を逃さず、働く人のモチベーションを上げるためにも人事評価制度は重要です。公平で透明性のある人事評価をして昇給などを判断します。
■人事になる方法

◇アパレル販売員から部署異動する
販売スタッフとして入社し、店長・エリアマネジャーとして経験を積み、人事に異動するケースが多いです。店長などのポジションであれば面接を経験する人も多く、現場でも経験を活かして活躍しやすいのが人事部とも言えるでしょう。

◇未経験から就職・転職する
全くの未経験から人事担当として採用されるケースは少ないようです。ただ、人事アシスタントとしての求人があるため、まずアシスタントから経験を積んでいくと良いでしょう。

求人:アパレル人事の求人情報を探す
■人事に求められるスキル

◇コミュニケーション能力
アパレル業界の人事は、人と多く関わる仕事です。各関係部署や求人活動に関わる外部会社、応募者などです。初めて会う応募者の魅力を引き出し、企業の成長に繋がる人材を見つけ出す力も必要です。

◇プレゼンテーション能力
会社説明会や社内研修では、人前に出て会社の魅力を伝えたり何かを教えることもあります。そのため、人前でも自分の言葉で分かりやすく何かを伝える能力が必要と言えるでしょう。

◇基本的なパソコンスキル
特に資格などは必要ありませんが、基本的なパソコンスキルは身につけておくと良いでしょう。関係部署や社外会社、応募者への対応はメールなどで行う場合も多いためです。応募者の管理や求人を作成する際にもパソコンスキルが必要になるでしょう。


■アパレルブランドの人事担当インタビュー記事
実際にアパレル企業で活躍している人事担当者に、仕事内容や人事担当者になった経緯を伺いまいた。店長から人事になった方もいらっしゃいます。

▼株式会社デイトナ・インターナショナル 人事部2名
「デイトナ・インターナショナルは手を上げれば、チャンスが掴める会社」

▼一蔵 管理本部 人事部
「変化する中でいかに挑戦できるかが重要だと思っています」


いかがでしたでしょうか。
アパレル企業の人事は、アパレル企業・店舗・人を支える重要な仕事です。会社の成長を担う人材を採用し、その人が活躍した際に大きなやりがいを感じる人が多いようです。チャレンジしたいと感じた方は、ぜひ求人を探してみてくださいね。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする